疲れやすさやめまいは鉄欠乏性貧血が原因|鉄分サプリで改善しよう

病院

更年期を治す栄養素

大豆に含まれるイソフラボンは女性の更年期障害などを改善する効果がありますが、エクオールという物質にならない限り栄養素として吸収することができません。サプリメントでエクオール自体を摂取することで、症状を改善させましょう。

悩む女性

うつを引き起こす病

うつ病の原因として指摘されている自律神経失調症は、長期間のストレスが原因で引き起こされます。生活習慣の改善を行なうほか、仕事やプライベートでの問題を解決することで、この症状を改善できるでしょう。

鉄分不足からくる貧血

病院

血液の色素でもあるヘモグロビンは、鉄分を利用することで作られます。ヘモグロビンは体の各組織へ酸素を送る重要な役目を持っていますが、鉄分が不足するとこのヘモグロビンの量も減少し、体に酸素が正常に送られなくなります。このような症状を「鉄欠乏性貧血」と呼び、体内の鉄分が欠乏することでさまざまな問題が現れるようになります。鉄欠乏性貧血の主な症状は、立ちくらみやめまい・動悸・体が疲れやすくなるなどです。放置すると階段の昇り降りで息が激しい息切れが起きるようになることや、固形物が食べづらくなること、爪が反り返ってしまうなど、生活に重大な負担が掛かるようになるため、注意が必要となります。

鉄欠乏性貧血は女性に起こりやすい病です。妊娠時の体調の変化によって鉄分不足となる場合や、月経による大量の出血、さらにはダイエットによる無理な食事制限も鉄欠乏性貧血をもたらす原因となるのです。最も注意するべきなのが、体の臓器からの出血です。胃潰瘍や十二指腸潰瘍、さらには大腸がんなどによって出血が起きている場合も、この鉄欠乏性貧血が起こる場合があるため、たかが貧血と侮ってはならないのです。鉄欠乏性貧血が疑わしい場合、鉄分の補給によって改善できます。鉄分を含む食材を多く摂ることや、鉄分が含まれるサプリメントの利用で症状を改善できるでしょう。しかし、鉄分を多く摂っていても症状が回復しない場合、鉄分不足以外の問題が潜んでいる可能性があります。病院で診察を受け、原因をきちんと特定してもらいましょう。

病院

負担の少ない治療法

免疫細胞療法とは、ガン細胞をやっつけてくれる免疫細胞を培養し、投与する治療法です。自分の免疫細胞を使った治療法なので、体への負担が少ないのが利点です。NK細胞を培養する方法や樹状細胞を用いる方法が有名です。