疲れやすさやめまいは鉄欠乏性貧血が原因|鉄分サプリで改善しよう

看護師

負担の少ない治療法

病院

国内の死亡要因の一つとして挙げられるガンは、誰もが恐れる病です。細胞分裂時のミスや、紫外線・活性酸素などが細胞の遺伝子を傷つけてしまうことで、ガン腫瘍の元となるガン細胞が現れます。通常であれば免疫細胞の働きによって腫瘍化する前にガン細胞は排除されます。しかし、免疫力の減退や加齢によるガン発生率の増加、生活習慣病による影響などが起因し、こうしたガンを発症してしまう人が増えてしまうのです。ガンは腫瘍が小さい初期の状態であれば、抗がん剤の投与によって安全に治療することができます。しかし、大きな腫瘍となってしまうと手が付けられなくなります。手術療法で腫瘍を切除しても、リンパ液を通じてほかの組織へ次々に転移してしまうため、治療によって対処することができなくなるのです。そのためガン治療はどれだけ早くガンの存在に気づけるかが重要となりますが、誰もが必ず初期の状態で気づけるとは限りません。発覚が遅れると治療も時間が掛かり、副作用による負担も深刻なものとなります。そういった現状を改善できるとして、近年注目されているのが「免疫細胞治療」なのです。

免疫細胞治療とは、簡単にいえばガン細胞をやっつける免疫細胞を使い、安全にガン細胞を退治しようとする治療法です。手術療法を始め、抗がん剤や放射線治療は患者さんの体に大きな負担を与えてしまいますが、この免疫細胞療法は、患者さん自身の免疫細胞を採取・培養する方法なので、患者さんの体に負担を与えることはありません。免疫細胞療法には、単体でガン細胞に対処できるキラーT細胞を培養する方法や、体の免疫細胞を統制して効率的にガンを退治する樹状細胞を使う方法など、現在でもさまざまな治療法が用いられています。